12年ぶりの田植えに向けて

いよいよ、南相馬市小高区井田川での12年ぶりの田植えに向けた本格的な準備が始まりました。

 

塩水選で選び抜かれたお米の種を浸種しています。

 

浸種とは、漢字そのままに、種をお水に浸す作業です。

種が発芽するために必要な水を給水させて、一斉に発芽させるために行います。

 

勢いよく水槽に水を注いだら、そのまま下から流れ出るアクシデントに見舞われましたが、無事浸種中。

 

 

2022年04月14日